国内はもとより世界の海から、安全でより安心できる製品を皆様の食卓へお届けしています。

株式会社 門永水産

簡単レシピ

かにの効果

かにのチカラ

かには、高たんぱく、低カロリーで、脂肪や糖分も少なく他にもいいところがいっぱいです。
ずわいがにの身(生)に含まれるアミノ酸を組成する20の成分のうち、アルギニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、グリシンが多く含まれています。
いわゆる、「かにの旨み」はグルタミン酸の効果であり、かににはこのグルタミン産が豊富に含まれています。

レシピイメージ1 レシピイメージ2 レシピイメージ3
たんぱく質を構成する基本的な20種類のアミノ酸のうち6種類を含んでいます。
以下のような効果があるとされています。
必須アミノ酸 ロイシン 肝臓機能を高める。筋肉の強化。
  グルタミン酸 疲労回復を促進。胃腸や腸管を守る。肝臓を守りアルコールの代謝を高める。
うまみ成分。
  アスパラギン酸 エネルギー生産に関係するアミノ酸のひとつ。体内で炭水化物をエネルギーに変えたり、ミネラルを運ぶ働きをする。また、体内の老廃物処理、肝機能促進、疲労回復、スタミナ・アップに効果がある。
  アルギニン 成長ホルモンを増やし、老化の進行を遅らせる。血行促進。滋養強壮。筋肉増強。免疫力の上昇。
必須アミノ酸 リジン 体組織の回復・成長、代謝促進。
  グリシン 甘みがあるのが特徴。保湿、酸化防止、制菌、キレート作用(ミネラルなどを吸収しやすくなる作用)、胃酸過多症時の胃液の分泌を正常にするといった働きがある。
美肌。コレステロールの低下。肌の老化防止。高血圧、脳卒中の予防。うまみ成分。

必須アミノ酸→必須アミノ酸:体内で合成されない。

かにの栄養表示(100g中)
【生ずわいがにとボイルずわいがにの栄養比較】
<かにの栄養表示> <生ずわいがに> <ボイルずわいがに>
たんぱく質 13.9g 15.0g
ロイシン 867mg 936mg
リジン 934mg 1008mg
アルギニン 1067mg 1152mg
アスパラギン酸 1156mg 1248mg
グルタミン酸 1823mg 1968mg
グリシン 1045mg 1128mg

「五訂 日本食品標準成分表」調べ

ページの先頭にもどる